三河島菜

三河島菜は、葉丈が60cmにもなる大きめの葉で、東京都荒川区の伝統野草

江戸時代、東京荒川区三河島で栽培され主に漬物用にされていたが昭和初期に栽培のしやすい白菜が主流になり絶滅。

仙台藩の足軽が、種子を江戸から仙台に持ち帰り「仙台芭蕉菜」として栽培していたもの。

Post Navigation